横寝で胃腸の調子を整える。横寝で胃の働きをサポート!


人の寝方はそれぞれ異なりますが、

工夫することで体調を良くすることができます。

その1つが横寝です。


胃の調子が悪いので横寝で改善


横向きに寝ることで胃腸の調子が改善される可能性があるのです。



・横向きに寝ることで胃の調子が良くなる


胃の調子を横寝で改善


毎日良く寝ているのに体調がすぐれない、

という方は自分の寝方を確認してみると良いでしょう。


仰向けの状態で寝ていると胃腸に影響してきますので、

普段から注意しておく必要があります。


それではどのような姿勢で寝れば良いのかになりますが、

オススメは横向きの状態、いわゆる横寝です。

横寝の姿勢で寝ることで胃の消化も良くなり、

栄養成分が体内に行き渡るようになります。


「最近、胃がもたれて良く寝れない」

「毎朝、起きた時にお腹が張っている」

こういった症状が続くのは、寝る時の姿勢が原因の可能性があるのです。

そのような場合は、横寝の姿勢で寝ることをオススメします。

そうすることで、これまで感じていた症状が和らいでくるはずです。



・胃の働きについて


胃を元気にする横寝


私たちの胃は、左に弧があるような形をしています。

これをよく見ると、胃もたれした時の楽な姿勢であることがわかります。

つまり、寝る時もこの方法を取れば良いのです。

胃の姿勢を通り、体の右半身を下にして横向きになって寝る、

そうすることで胃の消化が活性化されます。

よく胃もたれをする方は、体の右側を下にして

寝ることで胃の中の食物が残りにくくなります。


人によって左右が逆の形をしている人もいますが、

それは非常に稀なケースですので特に心配する必要はないでしょう。

右部を下にして寝る、これを忘れないでください。


消化残しをしないよう、少しでも右向き横寝の

時間を取りましょう!



・寝る際に心がけたい点について


枕に注意して横寝を快適に


体調を良くするには寝方にも注意する必要がありますが、

注意点をまとめてみました。

1つめは右半身を下にして寝ること、

2つめは頭を10cm程度高くして寝ることです。

この2つの方法を実行することで胃もたれが解消され、

次の日の体調も良くなります。


健康な体は寝ている時にでき上がりますので、

日頃から意識しておくようにしましょう。

この寝方を毎日続けることで胃の働きが良くなり、

体調も改善されていきます。

最初は大変かもしれませんが、すぐに慣れますので心配ないでしょう。



寝具を最適化して横寝で改善



毎日の寝方が、次の日の体調に大きく影響してきます。

寝方も様々ありますが、多くの人にオススメの方法が横寝です。

この方法で眠ると、胃腸の消化が良くなり健康な体に変身できます。

今日からでも始めてみると良いでしょう。




朝起きた時に胃がムカムカしているなら、

右向き横寝を実践してみてください。


もしも、横寝がうまくいかない場合、

「ヨコネ2(YOKONE2)枕」がオススメです

コチラで詳細をご確認ください。


しっかり眠って健康な胃腸を!



ヨコネ2(YOKONE2)枕で健康体質に!横寝で予想外の睡眠効果!

FX業者