横寝でいびきを抑制しましょう。睡眠時無呼吸症候群対策を!


日常的ないびきで、悩んでいる人は非常に多いと思います。

大変なのは本人よりもご家族(涙)


いびきがうるさくて眠れない


いびきは自分ではわかりませんので、

家族にチェックしてもらうことが大切です。

また、酷ければ睡眠時無呼吸症候群になる可能性もありますので、

まずは原因追求から始めてみましょう。



・いびきの原因


いびきの原因を睡眠で解決


身近に、いびきで悩んでいる方はいませんか?

いびきの症状によっては睡眠時無呼吸症候群に

なることもありますので、

日頃から注意しておく必要があります。

そのためには原因追求が大切ですが、

原因としてはいくつか考えられます。


その中の一つが寝ている時の姿勢であり、

仰向け姿勢で寝ることが挙げられています。

この仰向けの姿勢で寝てしまうと、

いびきが悪化してしまうこともありますので気をつけましょう。



・どうして仰向け寝は悪いのでしょうか?


仰向けで寝る


いびきのメカニズムをご存知でしょうか?

いびきは、呼吸によって空気の通り道である上気道が狭くなり、

そこを空気が通過する際に粘膜が振動して発生します。

私たちが寝ている時は、喉の回りにある筋肉は緩みますので、

仰向け寝の姿勢で寝てしまうと重力の影響で舌根が喉の奥に落ち込みやすくなるのです。

その結果、上気道が狭くなって空気の通り道をふさいでしまうことになります。

そのため、この寝る姿勢を変えてあげれば、舌根が喉の奥に落ち込むのを防止できます。



・仰向け寝ではなく横向き寝にしましょう


横向きで静かにぐっすり眠りましょう


いびきは仰向け状態の姿勢が原因と言われていますので、

その姿勢を変えてあげれば良いのです。

それが横寝であり、今まで仰向け寝の姿勢で寝ていた方は、

横寝で喉の気道を確保することが大切です。


仰向け寝の姿勢でいびきをかいていた方は、

横寝にするだけで改善される可能性があります。


横寝によるいびき改善の方法ですが、

これは東洋医学でも示されています。

もともと横寝というのは、

体に大きな負担がかかりにくい寝方だと言われています。

仰向けの状態を横寝にすることで、

舌が左右のどちらかに片寄ります。

その結果、上気道が確保されて呼吸がしやすくなり、

自然といびきが改善されていくのです。


いびきは睡眠時無呼吸症候群などに

繋がる可能性がありますので、

早めに対処する必要があります。


仰向けに寝ていた方は、

今日からでも横寝のスタイルに変えてみましょう。


いびきで悩んでいる人は、

寝る姿勢を変えてみると改善される可能性があります。

仰向け寝から横向き寝にすることで喉の気道を確保され、

いびきが良くなることがあるでしょう。


横寝でぐっすり眠ろう


いびきをかくメリットは・・・

何一つありません。

しっかり対策して健康体を取り戻しましょう!


どうしても横寝がしにくいなら、

横寝専用枕の

「ヨコネ2(YOKONE2)」

がオススメです。

詳細はこちらでどうぞ!


ヨコネ2(YOKONE2)枕で健康体質に!横寝で予想外の睡眠効果!

FX業者