横寝で睡眠が改善!横寝は眠りが深くなるのって知ってましたか?


寝る時は、どのような姿勢で寝ていますか?


眠り方仰向けうつ伏せ横寝


仰向け寝、うつ伏せ寝、横寝など

人によって姿勢は異なりますが、

寝る際は横向きの姿勢がオススメです。

横寝で寝る方が睡眠の質が良くなり、深い眠りにつけるからです。



・寝る時は横寝がオススメ


枕を最適化して快適な横寝を


寝る姿勢は人によって様々ですが、

その中でも横向きの姿勢で寝る方が良いと言われています。


その効果としては、疲れが取れることが挙げられます。

寝る姿勢の中で最も疲れが取れる体勢が、この横向きなのです。

「毎日十分寝ているのに疲れが取れない」、という方もいると思います。


この疲れが取れない大きな原因がいびきであり、

寝ている時に筋肉や脂肪が緩んで気道が狭くなってしまいます。

これがいびきの起きる原因であり、

寝る時に横向きにするといびきをかきにくくなるのです。

ですので仰向けではなく、横寝の状態で寝ることをオススメします。


また、中には寝返りを打つ人もいるかもしれません。

せっかく横寝で寝付いたのに

肝心な時に仰向けでいびきをかいては意味がありませんね。


ウエストポーチで横寝を


そんな方は寝返りを打たないように、

ウエストポーチなどにテニスボールなどを

入れるのも一つの方法です。

この方法で寝ると寝返りを防止でき、

横寝の状態を維持できます。


そして横向きに寝るのであれば、

体の右側を下にして寝る姿勢がオススメです。

これは、胃とも関係しています。

胃の出口は右側にありますので、

体の右側を下にして寝ると消化が良くなり、

体に対する負担を軽減できるからです。



・横寝で肩こりが起こる原因とは?


上手に眠って肩こり回避


寝る時は横向きの姿勢で寝ると睡眠の質が良くなり、

深い眠りを実現できます。

深い眠りの睡眠ができますので、

疲れの防止にもなります。

しかし、中には横向きで寝た際に肩こりが起きたり、

肩が痛くなる人もいるようです。

これにも様々な原因が考えられますが、

次の点に注意する必要があります。


肩こりが発生したり、肩が痛くなるのは

同じ姿勢を長時間続けているからです。


ですので、その状態でも疲れないような布団や枕を選ぶことが大切です。

様々な種類の布団や枕がありますが、

いくら最高級の素材で作った枕や布団であっても、

時間の経過とともにヘタリが出てきます。

そのため、定期的に交換してあげる必要があります。


マットレスや枕を最適化


中には専用のマットレスを使用している人も

いるかもしれませんが、

マットレスは表裏と上下を一緒に交換することが大切です。


また、枕についても自分に合ったものをチョイスしてください。

高さや硬さ、素材等、

横寝をするなら首にピッタリ合うような

比較的硬めの枕を選ぶと良いでしょう。


寝る姿勢は睡眠に大きな影響を与えます。

オススメの寝方は横寝であり、

この方法で寝ることで深い眠りになって、質の高い睡眠を実現できます。

枕などにも気を使い、良い睡眠を取りましょう。


横寝でぐっすり眠れた


横寝をするだけで睡眠が深くなる。

お金をかけずに健康体質に近づける。

非常にありがたいことですね。

今まで仰向け寝でも、意外と簡単に横寝できるものです。

是非一度試してみてください。

横寝で毎日ぐっすり眠りましょう!



ヨコネ2(YOKONE2)枕で健康体質に!横寝で予想外の睡眠効果!

FX業者