妊婦さんは横寝が眠りやすく、母体も胎児も負担が小さい


寝る姿勢が、疲れにも大きく影響してくることがあります。

良く寝ているのに疲れが取れない人は、

自分の寝る姿勢を振り返ってみましょう。


妊婦さんに最適の横寝


妊婦さんも寝る姿勢が大切ですので、

母体や胎児に疲れを感じない寝方が大切です。



・妊婦さんの寝方について


妊婦さんの横寝


妊婦さんの中で、良く寝ているのに疲れが取れない方はいませんか?

妊娠中は眠りが大きく影響されることがあり、

眠りが浅くなったり寝つきが悪くなったりすることがあります。

妊婦さんのいわゆる睡眠トラブル。

たかが一時的な睡眠トラブルとはいえ、

妊娠中は寝方によっては母体や胎児に大きな影響が出てくることもあるのです。

この症状は、特に妊娠中期から

後期にかけての頃が多いとされています。

妊娠中期や後期の頃はお腹が大きくなっていることもあり、

なかなか寝つけない日が増えてきます。


そういう状態が続いてしまうと、

母体はもちろん胎児まで悪い影響を与えてしまいます。

ですので、寝方を工夫すると良いでしょう。

睡眠トラブルに悩まされている妊婦さんに

オススメしたい寝方が、「シムス体位」です。

この体位を行うことで、妊娠中の寝苦しさを改善できます。



・妊婦さんにオススメのシムス体位について


妊婦さんのシムス体位


妊婦さんの中には、睡眠トラブルに悩んでいる人がいますが、

そんな方にオススメの方法がシムス体位です。

シムス体位というのは、19世紀のアメリカで生まれた方法です。

産婦人科医の「J・マリオン・シムズ」が

考案した姿勢であり、

正確には「Sim’s position」と呼ばれています。


この体位は、体の左側を下にして横向きに寝る、

いわゆる横寝の方法です。

横寝は、もともとは直腸検査を行う際や、

意識がない人の気道確保のために利用されるリラックス姿勢でした。

この横向きに寝る方法が、妊婦さんの体にも効果があることがわかりました。

それで、システム体位として応用されるようになったのです。


妊娠中期から後期になると、胎児や羊水の重みなどの影響で、

子宮周辺にある血管が圧迫されることが多くなります。

その結果、血流が滞ってしまい、めまいなどの症状が起きるのです。

しかし、シムス体位で寝ることで血液循環が改善され、危険を防止できます。

シムス体位を取る時は、左側を下にして左足は真っすぐ伸ばすことが大切です。

また、お腹の負担を軽くするために、

横向きでもややうつ伏せ気味になると良いでしょう。


横寝でぐっすり眠る


妊婦さんの中には睡眠トラブルで悩む人も

少なくありません。

その場合には寝方を工夫することで改善されます。

オススメはシステム体位であり、

横寝で寝れば、母体も胎児にかかる負担も軽激できるでしょう。


健康な胎児


妊婦さんは母体も胎児もデリケートです。

胎児が動いて目が覚めたり、

トイレに行く頻度が増えたりで

なかなか深い眠りを得ることができない場合が多いと思います。

しっかり眠るためにYOKONE2枕を試してみませんか?

詳細はコチラで!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ヨコネ2(YOKONE2)枕で健康体質に!横寝で予想外の睡眠効果!

FX業者