腰痛対策に横寝を。仰向けやうつ伏せより腰の負担が小さい!


仰向け寝、うつ伏せ寝、横寝など、

一人一人寝方は異なりますが、

寝る姿勢によっては腰痛が生じてしまうことがあります。


腰痛


腰痛が気になる方は、家族に寝方をチェックしてもらいましょう。

寝方が悪い方は、早めに改善することが大切です。



・睡眠はとても大切


睡眠


私たちは毎日寝ることで、1日の疲れを取り、

次の日のために体調を整えています。

また腰も同じで、1日に受けた疲れやダメージを回復して、

次の日に頑張れるよう休養を取ります。

体を休ませるには、毎日の睡眠はとても大切なものと言えます。

しかし、寝方によっては腰に大きな負担を与えることがありますので、

日頃から注意する必要があります。



・寝る姿勢と腰痛の因果関係について


腰痛と睡眠の因果関係


人によって寝方は違うと思いますが、

その寝方が腰に大きな負担を与えることがあります。

それぞれの寝方を見ていきましょう。



まずはうつ伏せ寝です

うつ伏せの効能

この寝方は腰を反らす姿勢であり、

腰椎の関節に大きな負荷がかかりやすいです。

そのため、場合によっては腰に痛みが出てくる可能性があります。




次に仰向け寝です。


仰向けの効能


こちらは、最も腰に負担がかかりにくいと言われています。

しかし、普段姿勢が悪い人がこの仰向け姿勢で寝てしまうと、

腰を痛めることがあるようです。

そのため、猫背の人や腰が反っている方は注意しておきましょう。

姿勢が悪いと腰と床との間にすき間ができ、

その状態が長い時間続くと腰痛を発症してしまいます。

うつ伏せ寝と仰向け寝は、腰に大きな負担をかけてしまうことがあるのです。



・腰痛持ちの人は横寝がオススメ


横寝がオススメの腰痛


腰痛持ちの人は、腰に負担をかけない用意することが大切です。

そのためには、横向き寝の姿勢がオススメです。

横寝は仰向けやうつ伏せの姿勢と比べ、

腰にかかる負担が小さいのが特徴です。

横寝の姿勢で脚を曲げると、その角度で腰の角度も変えることができ、

これで腰にかかる負担を軽激できます。

横向きの姿勢で寝ても腰痛が改善されない方は、

膝と膝の間、そして足首と足首の間にクッションや座布団などを挟んでみてください。

そうすることで、骨盤の歪みを改善されることがあります。

そして寝る時は、寝返りしやすい寝具選びも大切です。

気持ち良く寝られるよう、自分の体にフィットした寝具を見つけてください。


朝の目覚めと腰痛


腰痛対策として、横寝の姿勢がオススメです。

横寝は、仰向けやうつ伏せよりも腰の負担が小さいので、

毎日続けることで腰痛が改善されてきます。

寝起きの腰痛に悩んでいる方は、

自分の寝方をチェックした上で改善策を取りましょう。


しんどい腰痛

しつこい腰痛には、

「ヨコネ2(YOKONE2)枕」がオススメです

コチラで購入方法をご確認ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ヨコネ2(YOKONE2)枕で健康体質に!横寝で予想外の睡眠効果!

FX業者